畳張り替え価格

畳張り替え 期間限定 2000円(税込2160円)
4.5枚から受付けスタート!!!!
サイズ 1帖五八間 176cm × 88cmまで
半帖 (半畳価格は7掛けの税別1400円です)

畳張り替え2000円~という格安価格を実現しました。
まずは無料お見積りにお伺いいたします。畳のサイズを計らせていただき、補修などが必要ないか確認いたします。まずはお気軽にお問い合わせください!

畳の張替えをご注文いただく場合の手順

お問い合わせから施工完了までの流れ

畳はお預かり後、最短で2~3日で張り替えて納品致します。即日ご希望の方は要相談となりますが、一度お問い合わせくださいませ。

お電話はこちらから

スマートフォンからはこちらのボタンをタップで電話がかかります。

畳の張替えとは

畳のリペア方法は3種類あります!畳の張替え(表替え)と畳の裏返し、畳の新調の3つです。
それぞれ特徴があり、施工できない場所もございますので、ご確認ください。
例えば、畳の裏返しは、柱鍵のあるお部屋ではできません。裏返すと切り込みが逆に向いてしまうからです。


全国に最寄り店があります全国に最寄り店があります全国に最寄り店があります

畳のお問い合わせはこちら

全国に最寄り店があります お電話でのお問い合わせはこちら

電話でのお問い合わせはこちらから!

スマートフォンからはこちらのボタンをタップで電話がかかります。

お電話はこちらから

メールでのお問い合わせはこちらから!

畳の張替えメンテナンスについて

畳のお部屋は、やはり落ち着きます。また、小さなお子様や、赤ちゃんのいるお家は、やはりオムツ替えやお昼寝など、何かと子育てにおいてもとても大活躍してくれます。しかし、畳のメンテナンスをしているか、というとなかなかできてないのが現状です。梅雨のジメジメした季節や、汗をかく季節、またミルクや食べ物をこぼしたり、畳はダメージを知らず知らずに受けています。やはり定期的に畳の張替えをオススメします。畳の張替えといっても、どこで張替えたらいいのか迷うところですが、電話帳やスマホパソコンインターネットで調べてみてください。必ず地域に密着した畳の張替え屋さんは、みつかります。畳の年数や、今までのメンテナンス状況、畳の傷や劣化ダメージ状態を知らせて、相談してみてください。きっと良いアドバイスを受けられて、思ったより簡単に張替えをお願いできるはずです。畳はとても愛着を持ちなくてはならないものですが、虫やカビや菌など、きちんとメンテナンスしていかないと、健康面でも心配なことがでてきます。正しい知識で、対処していきましょう。新しく張替えられた畳は、とても気持ち良く快適で、リフレッシュしてくれるとでしょう。ぜひ張替えをオススメします。

畳の張替えをお勧めします。

カーテン、襖、障子など毎日の生活の中でメンテナンスを定期的に行うことで、快適な時間を過ごすことができます。畳もそのようなものの中の一つです。畳敷きの部屋は日本の気候風土における生活において、快適さとともに畳ならではの香りがもたらす癒しの空間を提供してくれます。畳はフローリングとは違い定期的な張替えが推奨されています。それは部屋の中に降り注ぐ日の光によって日焼けが起こり、劣化が進むためです。この他にも人が長年使用することによって摩擦や擦れが要因となり畳の表面が痛むためでもあります。 畳を張替えることによって和室に入った瞬間にその爽やかない草の色合いと香りが目や耳を刺激します。そして新しく張替えたものは硬さはしっかりとありながらも布団を敷いたり正座などで座るのにちょうど良い柔らかさをもたらしてくれます。 それでは実際に張替えを考えるときには、自分で行うのはなかなか大変なことです。それに定期的な張替えが必要ではあるものの長く使うことになるので丈夫で使い心地が良い物を選びたい物です。そこで新しい物に張替えるときには畳の交換を行う専門の業者に頼むことがお勧めです。畳を古い物と新しいものを取り替え、そのごの畳処分も頼むことができます。

畳についての紹介と、畳のお手入れの仕方

畳とは、和室の床にしく敷物です。日本の畳は夏の高温多湿を想定して作られています。風通しのよい木造の家と藁といぐさから成る畳の組み合わせは、快適な住み心地でした。昔の家のつくりは天井、床、壁すべて通気性をもった素材で作られていました。1年を通じ乾燥と吸湿を繰り返す、日本独特な気候にあわせた先人の知恵がありました。  畳床は従来は藁を固めて作られていました。大事に使えば40~50年使うことができます。畳表は、いぐさで編んで表につけます。仕上げに布で縁にへりをつけます。 段のお掃除の仕方の注意点として、掃除機を使う際は畳の目にそって優しくかけましょう。拭くときは、畳の目にそって乾いた雑巾でふきます。ひどい汚れは薄めた酢をつかって拭きましょう。縁の汚れは、ブラシに洗剤をつけて叩き、その後にふき取ります。  畳は年数が経つと色あせ、弾力性がなくなっていきます。また、ダニが発生したり、汚れもめだってきます。畳は湿気や害虫を嫌うので、半年に1度日に干すと良いでしょう。裏側を4~5時間日光に当て、裏から竹などで叩きほこりを出します。畳表は日光に当てると変色を早め痛むので、陰干しします。通常2~3年経つと裏返します。4~5年で表替えという張り替える作業をします。  

畳の張り替えの種類と時期 。

畳の張り替えには、大きく分けて「裏返し」「表替え」「新畳」の3種類があります。「裏返し」は、畳表といわれる表面を覆っているゴザの部分を裏返し、今まで使っていない裏側を表にして再利用します。畳縁は新しいものに取り換えます。日に焼けてしまったり、小さな傷がついてしまったり、少し汚れてしまったときにおこないます。裏返しをする目安は、3年から5年です。「表替え」は、畳床といわれる中心の芯の部分のみを再利用します。表が毛羽立って衣服につくようになったり、日焼けが裏側まで及んでしまったり、汚れや傷がひどくなってきたときにおこないます。表替えは畳床がしっかりしていれば何度でもできますが、踏むとフワフワするような場合は、畳床が傷んでいますので、表替えはできません。「新畳」は、畳そのものを新しいものに取り換えます。弾力性がなくなり、歩くとフワフワしたり、カビなどのにおいがしたり、傷や汚れがひどい場合におこないます。これをする目安としては、10年以上使用している方にお勧めします。 このように、畳の張り替えには種類があり、現在の使用状態や使用年数を考慮した上で、どの張り替えをするかご検討してはいかがでしょうか。

Copyright(c) 2015 Greens-web All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com